寄宿学校のジュリエットコミックマーケット

16 août 2017

Master of Shadowverse

はい。
何とかマスターランクに上がりました。
残りBPが1000からが地獄d(ry
2016年11月から約8~9箇月程度。
カードゲームのイロハが何も知らない状態から頑張りました。
今回の更新は各環境の振り返りの時に触れたランクマッチの話。

DRK(Darkness Evolved)

大ビショップ時代。
他は冥府とか超越とかの時代。
当時のメインデッキはケルベロス/オリヴィエ/ガブリエル当たりが入ったデッキ。
資産が無いから今から考えれば割と訳ワカメなデッキ。
コチラのデッキが似たイメージの筈。
デッキ自体の弱さとは別にカードゲームのイロハを学びながら故か負け数が大杉。

ROB(Rise of Bahamut)

メインのデッキは2478型のネフティス。
多分ランクマッチばかりしていた希ガス。
環境的にはドロシー様とかOTKエルフの時代。
ウィッチ戦はドロシー/超越/秘術と何れも詰み気味。
ビショップ戦はセラフ/ガルラ/陽光と何れも辛い。
A0時点の勝利数が248勝だから如何に狩られ続けていたか。
(因みにAA0時点の勝利数は747勝。)
メインのネフティスは2378型も試したり蝿の王デッキとかアグロタイプとか試したり迷走時代。

TOG(Tempest of the Gods)

ルナカスの時代。
ミラーが多くランクマッチは全くしなかった時代。
今更だが大人しくBP稼ぎすれば良かったとゆー。

WLD(Wonderland Dreams)

昏き時代。
久し振りにランクマッチに行く様になった時代。
WLD初日時点の勝利数は1111勝(AA2)とか大分大杉。
AA3は2017年07月に上がったから昏き時代?
昏きの弱化後は様々なデッキがランクマッチにいたから対策が難しかった。
残りBPが1000から負け続けたり何回切れたか分からない。(何
とは言ってもAAランクからはAA1→AA0とかAA2→AA1のランクダウンは1回も無しは良い点。
ラストは昇格戦も含め9連勝が出来たから無事にマスターランクに到着。
時期的にもグランドマスターは取り敢えず目指さずに浅瀬で遊ぼうかと思う恭子の頃。
マスターランク到着の結果は↓の画像。

ラスト。
今は資産も揃いコンセプトデッキとか作りながら遊び中。
マイブームは「魔海の女王(デスタイラント+アンリエット)」のデッキ。
対戦動画は↓から。

デッキレシピは気が向いた時でも。




miyabisawatari at 23:32│Comments(0)shadowverse 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
寄宿学校のジュリエットコミックマーケット